四方八方 ~旅行と子猫日記~

興味の向くままあれこれと記録した日記。史跡巡りを中心に旅行情報を主に掲載。天井裏に迷い込んだ子猫の日記も更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェアブログ1271に投稿


 管理人、これより黙って飲んでいた秘蔵の日本酒の紹介を始めます。名前は富久錦純米生「下天の夢」です。


 この日本酒との出会いは、近所の酒屋さんでした。ここでは、御主人こだわりの日本酒をきちんと大型の冷蔵庫の中で管理しています。


 スーパーなどで店頭に並べてあるのと比べると、扱いが段違いです。


 良いワインはきちんと保存するのに、日本酒は放ったらかしってとこも多いですが、ワインと同じく日本酒も生きています(←おお、我ながらええことゆうた!)。


 店頭で直射日光に当ててるところもありますが、こういう所ではビタ一文お金を落としてはいけません。





 脱線しましたが、その酒屋さんで力強い日本酒が欲しいと言ったところ、この富久錦純米生「下天の夢」を勧めて下さいました。


下天の夢


 まず、このお酒の色を見て下さい。お米の味を最大限に生かしていそうなこの色!日本酒も含めてアルコールというと淡麗がもてはやされますが、管理人はそういう淡白で個性も何もないのがあまり好きではありません。


 「淡麗、水のごときをもってよし」なんてのを聞くと、「じゃあ、水を飲めば?素晴らしい水はそれだけで十分美味しいよ!」と言いたくなるのです。


 もちろん、淡麗のお酒にも美味しいものはありますが、やはりお米を使う以上、基本的に日本酒はお米の味を大事にして欲しいなと思います。





 さて、このお酒の栓ですが、最近はコストの問題からか写真のような普通の栓になっていますけど、昔はワインと同じくコルク栓を用いていました。


 で、そのコルク栓を抜くと、えも言われぬかぐわしい香りがふわわ~ん!


 グハッ!


 ( ̄□ ̄;)!!


 あまりの香りの良さに、思わずうっとり。そう、日本酒の原料となるお米の良い香りが、強烈なパンチを浴びせてきたのです。


 まず、この香りで1度目のダウンを喫しました。


 さあ、飲んでみよう。期待を膨らませて、一口目。もちろん、強烈な香りが鼻腔をくすぐっています。


 チビリ……(注、飲む音の表現です!美味しさにチビッたわけではありません。)。


 グハァ!


 ( ̄□ ̄;)!!!!


 カンカンカンカン!


 ノックダウンです。10カウントの必要もありませんでした。お米の味がしっかり生きてます。


 吟醸酒のようなフルーティーさもあり、口の中で爽やかな香りと濃潤な味が広がります。


 グビリグビリ、あ、グビリグビリ野村萬斎風に)。


 喉越しもいいです。変に辛い醸造アルコール入りのお酒のように、舌を刺すこともなし。お酒すすむすすむ!


 チタチタチタチタ


 あどねあどね、このお酒もの凄くおいぢいよ!はっきりいっでね、もう今までのお酒で一番。ウフフのフ。


 トテトテトテトテ


 だからね、だからね、あまり紹介したくなかったのぅ。だって、紹介しちゃうとこの美味しさを独り占めできないでしょ、ホホホのホ。


 もうね、良い酒屋さん見つけて、富久錦純米生「下天の夢」をちょっと飲んでみて下さいな。少し高いお値段も、飲めば全部吹っ飛びます。


 ああ、日本酒ってこんなものを言うんだって。そんな風に気付かせてもらえる至極の逸品ですよ。


 クズ酒を飲まされて日本酒嫌いになった人にも、是非騙されたと思って飲んで欲しいっす。私もこのお酒を飲んでから、日本酒の世界が一気に広がりました。





 最後に、富久錦純米生「下天の夢」がなぜ美味しかったのか。その製法を書いた文章を抜粋しておきます。


 凍てつくように寒い冬の朝、瑞々しい香りを漂わせて、垂れ口から最初に滴り落ちる新酒。酒蔵ではこれを「あらばしり」と呼んでいます。


 特別純米「下天の夢」は、多くの仕込みの中から、この「あらばしり」を少しずつ集めて、生のまま瓶詰めにしたお酒です。


 あべてかぴーと?(Avete capito ?)


 最近、頭弱いくせに、いつになくやる気を出して勉強中のイタリア語で「分かりましたか?」の意味。ひらがなは、勉強がまるで進んでないことと管理人の頭の弱さを表しています(笑)。


 これは美味しいはずですよね。いわば、作りたての新酒の、味が濃縮された部分だけを集めたわけですから。


 理解できたら酒屋にゴー!是非飲んでみてね~~~!!必修科目ですよ~~~~!!!


 おちまい。



人気blogランキングへ応援投票!

FC2 Blog Ranking へも応援投票!


旅行・子猫日記他、四方八方 TOP に戻る~

スポンサーサイト
 お盆です。みんなが帰ってきます。もてなさねばなりません。お酒が飲めるのを楽しみにして帰ってくる者もいます。そこで、今回は日本酒を選択。暑いし、冷やで飲むと美味しいはず。後は、酒屋のおばさんに相談です。


 んで、2本買って来たうちの1つが『千代むすび 純米吟醸 強力』という日本酒。こちら鳥取県のお酒です。


 当初は、同じく鳥取県の『日置桜』を所望したのですが、丁度在庫が切れてました。で、同じ強力(ごうりき)という品種の酒米を使った、千代むすび酒造の日本酒を紹介してもらったというわけ。


 この強力米というのは鳥取県産の酒米で、大正10年から昭和20年代まで栽培されていました。大粒なために削るのが前提の酒米に適しています。しかし、育てるのが大変難しく、すぐに重みで倒れちゃうんだそうです。そのため、いつしか使われなくなってしまい、幻の酒米となっていました。それを一握りの種籾から近年復活させたんだそうです。


 いや、復活のための情熱と努力には頭が下がりますね。でも、せっかく復活させても、話題狙いで大した事のないものもたくさんあります。早速、飲んでみましょう。


 ぷ~~~ん


 ふおおお、来た!栓を開けた瞬間のかぐわしい、か・ほ・り!もうこの瞬間に美味しいであろうという推測が働きます。まず、香りはバッチリです。この香りだけ嗅いでいても、十分ご飯を美味しく頂けるはずです。吟醸酒はこうでなくてはいけません。


 では、一口………。むう、飲み始めはどっしりとした味。フルーティーな香りの為か、甘く感じることもありますが、よく味わうと辛口です。日本酒度+5ですからね。分類上はかなりの辛口ですよ。酸度も1・6です。確かに、濃醇なお味です。美味しいです。


 口に含んでいると余韻を伴って味が消えていきます。喉ごしはあっさりです。最初の強烈なイメージから一転しています。


 甘口のようで辛口。濃厚なようで、いつの間にかあっさり。なんだか不思議なお酒です。でも間違いなく美味しい日本酒です。お値段はそこそこしますが、外で飲むことを考えたら安いと思います。


 おススメのお酒です。是非、一度試してみて下さい。


 酒造米    強力
 精米歩合   50%
 日本酒度   +5
 酸度     1・6


千代むすび 純米吟醸 強力 おおにごり

千代むすび 純米吟醸 強力 ふくろとりしずく


人気blogランキングへ応援投票!

FC2 Blog Ranking へも応援投票!


~旅行・子猫の日記他、四方八方 TOP に戻る~

 この李白 純米大吟醸は、弟が父の日のプレゼントに持って帰りました。島根県松江市のお酒です。


 大吟醸というと大概の日本酒は味を整えると称して醸造アルコールを入れますが、これは純米。米と米麹だけで造った本物の日本酒です。


 昔は日持ちをさせるために、そのようなアルコールを添加して品質を保ったという話を読んだことがあります。しかし、冷蔵庫が普及したこのご時世に、わざわざそのようなものを添加する必要性はないでしょう。


 何かを添加した瞬間に、そのお酒は日本酒ではなくなると思っています。そう考えると随分まがいものが出回ってますね(笑)。もちろん、醸造アルコールが入っていても美味しいものもたくさんあるんですが、肯定しているとごっつり入れたクズ酒を産む元になるので、この辺りはきっちりしておきたいところです。


 さてお味ですが、昔、純米吟醸を飲んだことがあって、それはイマイチでした。でも、こちらの大吟醸になると随分とこなれたというか、洗練された味になって美味しかったです。


 ただ香りと味は大吟醸のそれというよりは、純米吟醸酒に近いと思います。精米歩合が45%となってますから、純米吟醸とそう変わりないですね。この辺りが純米大吟醸といっても、他の酒蔵の純米吟醸とそれほどの違いを出せてない理由かもしれません。


 因みに、精米歩合45%というと、酒米を55%も削って造ったということになるそうです。お米の美味しい核だけを残して造るんですから、美味しくないと報われませんね。


 日本酒度は4・0、酸度は1・5、酒米はオーソドックスな山田錦です。やや濃い口で辛口に分類されると思います。日本酒度が高い程辛口とされているようですが、これも酸度とのバランスらしいです。実際に飲んで判断しろということでしょう。


 実際、やや舌を刺します。このクセが純米吟醸だと強かったように思います。醸造アルコールが入った美味しくない酒の舌の刺し方に似ていたので、あまり好きにならなかったと記憶しています。


 純米大吟醸だとこの性格が薄まったように感じました。


 んで、李白 純米大吟醸について酒屋でちょっと見てみたら、んげ!ね、値段がべらぼうに高い!


 父上様へのプレゼントであることも忘れて、義妹に思わず、あんまり高いの買って大盤振る舞いをすることないよって、メールをうってしまいました(笑)。家に帰る度にこんな高いの買ってたら、家計が持たないですよね。


 ところで、うちの父上様は大のアルコール好きにて、もうメチルでもエチルでもいいってなもんです………ちょっと言い過ぎたかな(笑)。今回の李白 純米大吟醸、どのくらいもつかなって見てたら、3日もたなかったですね。ま、最初の日に皆で飲んだこともあるんでしょうけど。


 どうやら父上様の御口にも合ったようでございます(口に合わない酒は殆どないんですけどね~)。ただ、書いてきた通り、コストパフォーマンスは悪いです。何か特別な理由でもなければ、とてもお勧めはできません。


 その特別な理由が見つかったら、買って試しに飲んでみるといいのではないでしょうか。キリリと冷やして飲むと格別の味を味わえるでしょう。





人気blogランキングへ応援投票!

FC2 Blog Ranking へも応援投票!


~旅行・子猫の日記他、四方八方 TOP に戻る~

PENDERYN SINGLE MALT WELSH WHISKY


 先日、イギリスの知り合いがお土産に持って来てくれた、ウェールズ地方のウィスキーです。ウェールズの最南端の町で作られているようです。


 ウェールズでウィスキーなんて聞いたことがないな、なんて思ってたら最近になって作り始めたそうです。


 色は薄くて、スコッチのグレンフィディック(Glen Fiddich)を知ってらっしゃる方は、その色を思い出してもらったらいいですかね。


 香りはきついバニラ。トロ~ンとした香りが鼻を突きます。


 味は46%ものアルコール度でいきなりの先制パンチ。舌にピリリときます。この辺りはとても男性的です。

 
 46%というとスコッチのタリスカー(TALISKER)を思い出しますね。このウィスキーも強烈な味でした。ガツンときて、その後も男性的な力強い余韻が残るウィスキーでした。


 PENDERYNは、しかし、口に含んだ後はバニラの香りと相まって、まったりとした味が口に広がってきます。優しいふんわりとした女性的な印象です。


 説明には、バニラ味に加えて、南国の果実やレーズンの風味があるとされてます。でも、バニラ味が一番的を得ているかな。


 余韻は、ゆっくりとたなびいて小さくなっていきます。かなり後を引きますね。


 とても個性の強い面白いウィスキーではないでしょうか。




 箱の側面には、英語とならんで訳の分からない文字が……あ、ウェールズ語だ。既に廃れ始めたらしく、保存していこうという気運が盛り上がっているようです。


 ウェールズ地方(イギリスはブリテン島の西側一帯)に行くと、案内標識に英語と並んで奇妙な文字が見えます。それがウェールズ語です。


 イギリスって一つの国かと思ったら、そうじゃないんですよね。ウェールズ語と同じく、不思議で個性的なウィスキーでした。




~旅行情報随時更新中、四方八方 TOP に戻る~

VENTISQUERO GREY 2001 CABERNET SOUVIGNON

 こちらはチリ産のワイン。近所の酒販店で、4000円くらいで力強いタイプのワインをと言ったら、こちらのワインを勧めて下さいました。

 カベルネソーヴィニヨンのタイプとメルローの2タイプがありますが、より男性的で力強いワインが好きなら、このカベルネソーヴィニヨンを選ぶといいそうです。

 渋みは強くなく、力強く腰の入った濃厚なお味でバランスもよく、コストパフォーマンスは大変良いです。口に含むとズシンと来る感じです。ちょっとした記念の時に開けると、きちんと仕事をしてくれるでしょう。

 残念ながらフィリップ・パカレの後に飲んでしまったので、香りや味の点で若干見劣りがしてしまいました。でも、十分に美味しいことは確かです。

 ボルドー産のお上品な味に少し飽きたなんて方は、このワインを試してみてはいかがでしょうか。きっと、それらとはまた違った感慨を与えてくれることでしょう。


お探しのワインはここでサーチ!!ワインマーケットPARTY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。