四方八方 ~旅行と子猫日記~

興味の向くままあれこれと記録した日記。史跡巡りを中心に旅行情報を主に掲載。天井裏に迷い込んだ子猫の日記も更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 投資に関する記事をブログルポが募集していたので、資産運用法というタイトルで書いてみたいと思います。







 財団法人、日本証券経済研究所の調べでは、日本株の平均投資収益率は1952年から2002年までの50年間で、年13・5%。


 バブル崩壊以前の37年間では、年20・2%にも上っていたといいいます。


 このデータは、短期の株価の上下動に左右されずに、初めから日本株全体への長期投資でのんびり構えていれば、かなりのリターンを得られたことを示しています。


 もちろん、これからもこの高いリターンが持続できるかというと疑問はありますが、バブル崩壊後も含めた平均13・5%の半分のリターンと考えても6・75%。


 どう考えても預貯金の利率よりも高いです。


 とすると、預貯金で緊急時に必要なだけのお金を確保したら、残りのお金は貯金感覚で日経平均やTOPIXに連動するファンドや上場投資信託(ETF、株式と同じように購入できる)を購入して、長期投資の波の上に乗っけておけばいいということです。


 通常のファンドなら、1万円から投資が可能です。


 そして、ファンドは複利効果を発揮してくれる分配金再投資型(口数でなく円単位で購入できるもの)を選びます。


 ここでは、間違っても流行の毎月分配型などに手を出さないこと。


 分配事務にかかるコストや分配によって毎回納める10%の税金(今後20%に増税)を考えても、必要な額だけ毎月解約した方がマシ(この手間を惜しまないことが重要)。


 もちろん元本保証ではないので、一時期損をすることがあるかもしれません。


 心穏やかではありませんが、そこは長期投資。


 新たにできた余剰資金をつぎ込みつつ、の~んびり景気の回復を待てばOK。


 景気が回復してくれば、今度は金融引き締めで預貯金の利率も上がってくるでしょう。


 自分の予定するリターンを超える利率になったら、今度は定期預金に資金をシフトするもよし、そのまま投資信託を保有するもよし。







 ここまでイメージできたら、もうちょっと発想を進めます。


 きちんとしたファンドで、景気の波をうまく捉えて資金を上手にシフトしてくれるファンド探しです。


 私が探し当てた長期投資のパートナーは、さわかみファンド


 こちらも1万円から投資可能。


 現在は株式で運用していますが、投資対象を限定していないのでバブルの時のように景気が過熱してくると、資金を債券にシフト可能です。


 つまり、ファンドを購入したら景気の動向など自分で考えることもなく、全部お任せしておけばよいというわけ。


 半月に一度、ファンドレポートを送ってくるので、それを読みつつ投資の勉強もできます。


 運用成績もよく、ファンドの募集開始以来、10年近くで年利9%近いリターンを確保しています。







 さて、ここまで来たらもう一歩前に踏み出します(踏み出さなくてもいいけど)。


 昔の日本は、戦後の経済復興で大きな投資リターンを実現していました。


 経済改革で、昔の日本と同じ道を歩もうとしている新興国へも投資しておくのです。


 手近なところでは、インド、中国、ロシア、ブラジルといったブリクス諸国。


 好きな国があるならその国に投資するファンドを。


 なければ、ブリクス全体に投資するファンドでもいいでしょう。


 これらも1万円から投資可能です。


 リスクが高そう?


 確かに、相応のリスクはあるでしょう。


 でも、経済というのは人の動き。


 人が存在していれば、経済活動は行われ、そこに利益も生まれてきます。


 だから投資額を資産の何%と決めておいて、こちらものんびり長期投資。


 但し、さわかみファンドや日経平均などに連動するファンドと異なり手数料が高いので、運用のパートナーは成績や手数料のコストも考えて慎重に行います。


 こうやって好きな地域を見つけて、資金を振り分けていきます。


 もちろん、アメリカやヨーロッパでも構わないでしょう。







 最後の一手は、個別株への投資。


 但し、こちらは自分で運用するので、相当の経験と知識がないと損は確実。


 たまたまラッキーで資産を増やしても、いずれ株価下落の波に飲み込まれ大損することも。


 必要な投資技術を持ち合わせていると思われる人でも、大損をして市場から退場する厳しい世界です。


 そこで、こちらも長期投資。


 しっかりした経営をしていて、これからも利益を出してくれそうで、自分が本当に応援したい企業に、自分が失ってもいい投資金額だけを投資。


 安全にいきたいなら、自分が保有しているファンドが組み入れている銘柄の中から選んでおけばいいでしょう。


 応援するのですから、景気動向は無視。


 株価も無視。


 配当や優待が入ってきたら、ああ良かったな、これからも頑張ってねと有り難く頂いておきます。


 買うのは、もちろん売られて株価が下がっている時。







 こんな具合に投資して、自分のお金が世の中の役に立つ。


 資産もついでに増やせたら、一石二鳥です。


 さて、こうやって必要以上の資産が貯まったら……社会のために良い使い方をしたいものです。


fx
fx
今なら口座開設でUSBメモリプレゼント!
(この記事はブログルポの依頼により執筆しました。)
スポンサーサイト
 そりは去年の夏のこと、私めの妹が10万円を預けてきて、こう言いたれました。


「これ殖やして!」


 そこで私が目をつけたのが、HSBCインドオープンという投資信託でござりまいた。このブログでも何度か取り上げていますが、文字通りインドに投資するファンドです。


 既に、何万円かを突っ込んでおり、ぐりぐりと上がってちょっとした調整の最中だったので、すかさず虎の子の10万円をぶちこみまいた。


 そしたら、ああっという間に40%くらいの利が出た後、ポオーン!っとバブルが弾けて急降下。


 ま、そのうち上がるっしょっていう呑気な戦略で、放っておいたのでございます。


 で、昨日、その基準価額を調べてみたところ、なんだかんだで12万5千円くらいになっとりますがな。


 そう、1年経ってない現在の段階で、利率なんと脅威の25%近く!これはなかなかの成績ではないですか!


 そう思って電話をかけて、状況報告をしたところ、あろうことか、


「少ない!」


 などと抜かすのです。なんとこの大馬鹿者は、私をウォーレン・バフェット(ビル・ゲイツも尊敬している寄付が大好きなアメリカの大富豪で、投資で巨万の富を築き上げた)かなんかと勘違いしているらしく、


「もう1000万くらいになってるかと思ったのにぃ!」


 「…………。」


 もう、空いた口がふさがりません。どっかの堀の餌をもらう鯉状態です。パクパクパク……。


 二の句が継げずに、思わず、「はぁ、すいません……。」と謝ってしまいました。恐らく、これでもっと調子こくはずです。1000万なんて儲かるかぁ~い!仮に儲かっても、次は1億、10億とシャアシャアと抜かすことでしょう。


 あな恐ろしや、資本主義。欲望の渦は絶えず大きくなり、止まるところを知りません。カネカネカネカネと言わずに、ウォーレン・バフェットのようにこれと思った会社に長期で投資し、投資した会社がそれを誇りに思ってくれるような投資がしたいものですね。


 と、ちょっと大人の発言をしてみるも、損したときはやっぱし、「金返せ~!」なのでした。


 そのHSBCインドオープンですが、現在、大幅な調整からどっかんと下がった後、ようやく上昇基調のようです(本当か?)。一時期2万円を大きく超えていた基準価額が、1万5千円台まで下がりまくってようやく反発し、上がり始めました。


 まだ割安という評価を聞いていたので、面倒臭いからもう持っておこうと思ってホールド。ようやく一安心か?もう当分の間解約しないので、彼の地で役に立って下されや。


イー・トレード証券   イーバンク銀行


人気blogランキングへ応援投票!

FC2 Blog Ranking へも応援投票!


~旅行・子猫の日記他、四方八方 TOP に戻る~

 

 投資の雑誌で勉強してきたので、ちょっとメモっておこう。既に何回か書いたHSBCインドオープンについてです。


 S&P / IFC Investable India 指数をベンチマークとする。このファンドのみがこの指数を採用している。他のファンドがMSCIインディア・インデックスなどの代表的な市場指数や運用業界でよく使われる指数を採用しているのに比べ、投資実態に近い指数の選択であり、合理的とされる。


 HSBCインドオープンは、組み入れ上位銘柄の投資割合が他のファンドほど大きくなく、最も割合が高い銘柄でも5%以下。7~12%もの割合を占める銘柄もある他ファンドとは一線を画す。


 このため組み入れ銘柄数も2006年1月末で98銘柄と多い。他は50銘柄前後であるが、フィディリティ・ワールド・ファンズ インド・フォーカス・ファンドと日興フィディリティ・グローバル・セレクション ― インド・アドバンテージ・ファンドクラスB受益証券は、124銘柄。


 インドの証券市場では流動性の低い銘柄が多く、暴落局面で板が飛ぶ状況が出てくるため、想定より低い額でしか売れない場合が出てくる。そのリスクを避けようとするため、どのファンドも似たり寄ったりのポートフォリオになるという事情があるらしい。組み入れ銘柄が少ないものもこの流動性リスク回避が要因であるとのこと。


 当ファンドの運用者は、世界最大規模のインド株投信の運用経験を持ち、外国人向けインド株運用の経験も10年に及ぶそうです。


 さて、これからどうなるかだけど、外国の投資家達は既に過熱気味のインド市場に対し売りポジションに入っているとか。今後も長期的には上昇はするけど、短期的には調整局面が出てくる可能性も指摘されているようです。


 もっとも、PER は未だに15倍前後で割安なんだとか。長期投資で臨む覚悟が必要でしょうね。


 最近は2万1000円くらいを行ったり来たりしてたよね。もうちょっと下げたら、追加投資しておいてもいいかもしれないな。日本での投資はことごとく失敗してるからねぇ……しくしく。せめて外国への投資でトントンにもっていかないと。




役に立ったら人気blogランキングへ


~旅行情報随時更新中、四方八方 TOP に戻る~

 HSBC インドオープンとチャイナオープンの運用報告書が届きました。

 イーバンク銀行E*トレード証券 などの銀行や証券会社で購入できる投資信託です。


 去年の5月頃に30万円を突っ込んだのですが、とうとう45万円になっちゃいました!

 
 そう、1年弱で1・5倍です。



 こりゃ凄い。30万ぽっちでもこんなになるんですから、1000万とか1億とかで突っ込んでる大金持ちさんは、えらいことなってるんでしょうね。

 そりゃ格差も拡大するわな。

 持ってる資本が違うと、運用によって得られる利益の差はごっついもんね。

 今後もこの状況が続くかは微妙ですが、もう十分上がっていい思いをしたので、今後下がっても文句言わないよ………多分。

 
 日本では量的緩和政策がストップして、ジャブジャブとあぶれて新興国に向かっていたお金の流れが止まり出しているんでしょうか。

 インドオープンやチャイナオープンといった新興国ファンドも、新興国から金が引き揚げられて先進国の株に向かえば、ちょっとした調整局面を迎えるかもしれません。

 今後もこの流れが続くかは保証できませんが、両国の経済成長率を見たらまだまだいけそうな予感です。



 でも、インドオープンとチャイナオープンで儲けた分は、ファンドを通さない日本での自己投資(凍死?)でしっかりといかれていることは秘密(笑)。

 
 株主総会の案内状が届きました。去年買ってた某会社の議決権の書面投票用はがきが付いてます。

 この株式、もう売り払ったので関係ないといえば関係ないんですが、行使しないと今後の株主の為にもならんかと思って、議決事項を確認してみました。こういう経験も初めてなので、行使出来るもんなら行使しておいて損はないでしょう。

 で、議決権の内容を見てみたら、取締役選任、監査役選任、定款の変更、利益処分案などなど。まあ、全部賛成にして出そうかなと思って監査役のところを見たら、あれ………。監査役の候補の一人は元執行役。もう一人はどっかの大学教員、しかも兼業?んん、こんなんで監査できんの?監査役の補欠候補にようやく弁護士さんの名前。

 監査役が事実上名目化してる会社が多数あるとは聞いてましたが、まさかこんなところで現実を見るとわ!もちろん、監査役選任案は不賛成。ついでに、今時こんな選任をする取締役連中も外部取締役を除いて全員不賛成。今後の株主のために、ちょっとだけ抵抗しときました。

 これからもおかしいと思ったら、絶対賛成票は投じないもんね。監査役っていったら、国で言えば司法ですよ。監査役は裁判官や検察官みたいなもん。そんな大事なところが名誉職と化すような経営やってる会社なんて、絶対ダメです。

 資本多数決でどうせそのまま決まってしまいますが、一応不賛成の意思表示をしとかないとね。皆がおかしいと思うことには不賛成を投じれば、結果として賛成票が勝っても経営陣に緊張感が生まれると思います。村上ファンドみたいなアクの強い自己主張はしないでもいいですが、おかしいと思ったら不賛成の意思表示をしておくことが、今後の経営にもプラスになるはずです。


 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。