四方八方 ~旅行と子猫日記~

興味の向くままあれこれと記録した日記。史跡巡りを中心に旅行情報を主に掲載。天井裏に迷い込んだ子猫の日記も更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私の伯父がガンの手術のために入院することになりまして、暇つぶしに囲碁の相手でもしてさしあげようかと思い立ちました。


 で、とりあえず、囲碁がどんなものなのかを確認するために選んだのが、「ヒカルの碁」。


 この小学生のような発想に拍手を!


 ってなわけで、インターネットカフェにて読みあさってみましたが、面白いですね~。


 肝心の囲碁のことは、あまり勉強になってませんが、漫画の内容がよかったです。


 「ヒカルの碁」のおかげで、一時、小学生の間で囲碁ブームが起きたってのも納得。


 DVDにまでなってるんですね。






 で、話の筋はこう。


 小学校6年生の進藤ヒカルは、ある日、おじいちゃんの家で古い碁盤を見つける。


 それを手にした瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士、藤原佐為(ふじわらのさい)の霊がヒカルの意識に入り込んだ。


 佐為はかの天才棋士・本因坊秀策にもとり付いたことがあり、その囲碁の腕は神の如し。


 囲碁を心から愛する佐為と出会い、さらに天才少年、塔矢アキラとの出会いを経て、徐々に碁に興味を持ち始めるヒカル。


 佐為はそんなヒカルを見守るとともに、その奥に眠る天才的素質に気付き始める。






 本因坊秀策は、しまなみ海道の通る因島の出身です。


 幼い頃から囲碁を始め、天才ぶりを発揮。


 現代に残る棋譜から、歴史上最強の棋士とされているそうです。


 因島に行った時に生家があったんだけど、素通りしちゃいました。今からすると、もったいなかったですね。


 肝心のルールとかは、まるっきり分かってませんが、囲碁の面白さは十分伝わりました。


 絵も綺麗だし、ストーリー展開もうまいです。


 ヒカルの碁をまだ読んだことがないって方は、是非ご一読を。囲碁のファンも、とりあえず読んでおけですよ~!


管理人のやる気をアップさせる人気blogランキングへ

旅行・子猫日記他、四方八方 TOP に戻る~

スポンサーサイト
 ネネを飼い始めたのを知って、猫を飼ってる知人がわざわざ送ってきたのが、この「綿の国星」という漫画です。


 作者は大島弓子さんという方で、とても不思議な感覚の漫画でした。10年以上前に出版された漫画のようですが、名作なんでしょう、全然色あせた感じがないですね。


 主人公はチビ猫という子猫。ある雨の日、須和野時夫という青年に拾われて、須和野家の飼い猫になります。このチビ猫を通して、人間世界や猫の世界を描写(猫写?)しています。


 面白いのは、チビ猫を始めとする猫達が、それぞれに服を着て人間のような格好で登場すること。猫の毛皮を人間の服に見立てて表現されているようです。


 豪華な服をまとったシャム猫、ボロボロの作業服を着た野良猫。人間と違うのは一目で猫と分かる耳だけ。この表現方法はとても面白いなと思いました。いつの間にか、人間である自分が猫と同じ目線でモノを考えているような感じにさせられます。


 また、チビ猫の思いや考え(これらは作者の大島弓子さんの思いをチビ猫が代弁しているのでしょう)が、とてもいいです。時に切なく、時に面白く、タイトルの「綿の国星」にふさわしく、綿に包まれているようなふんわりとした気分にさせられます。


 印象に残ったのは、4巻の猫の母親がストレスで子猫を食べてしまう、っていうショッキングなお話。その噂を聞いたチビ猫が、その母猫のところへ訪ねていって、自分によく似たそこの子猫の一匹と交代します。そして、実際にその母猫と触れ合うことに。


 狂った母猫の下で、初めて母親の暖かさや父親の存在を知るチビ猫が、なんともいえない感じで描かれてます。何か、現代の人間の子育てにも通じるようなお話です。猫が人間の姿をしているので、余計にそう感じさせるのでしょうね。


 男性でも楽しめる漫画ということで話題になったようですが、確かに、野郎でも十分楽しめる作品でした。



チビ猫
iconicon


大島弓子さんの作品





人気blogランキングへ応援投票!

FC2 Blog Ranking へも応援投票!


~旅行・子猫の日記他、四方八方 TOP に戻る~

 もうすぐフジテレビで始まる連続ドラマ医龍

 原作は小学館のビッグコミックスペリオールで連載されている漫画です。

 アフリカの難民キャンプで活躍していた天才外科医、朝田龍太郎を切り札にバチスタという心臓の難手術を成功させ、大学病院の大改革を行おうという壮大な野望を持つ女医にして明真大学助教授の加藤晶(あきら)。

 しかし、朝田は彼女の手に負えるような医者ではなく、その意図とは裏腹に大学病院に次々と問題を起こしていく。

 加藤の立場が危うくなる一方で、その立場を強固にして教授への道を開くバチスタの手術も次々と始まって行く。

 加藤と朝田を中心に組まれたチームバチスタは、大学病院では異質の存在になっていくが、そのことがチームの結束力を強めることに。

 その頃、もう一つのバチスタを行う大学が現れて、その執刀を手がける男が朝田と因縁のある男。

 どちらのチームが、先に内容のある論文を仕上げることができるのか?

 大学病院の問題点や内実をもリアルに描く問題作で、スリリングで非常に内容の濃い漫画です。

 それもそのはず、漫画の原作は元医師作家の永井明さんによるもの。

 因みに、医龍とは、朝田が率いる救命チームがアフリカで呼ばれていた名前、メディカルドラゴンを漢字に直したもの。

 とても面白い漫画なので、テレビ放映が始まる前に読んでおいても損はないですよ。難解な医学用語もきちんと説明がされてるので読みやすいです。

 テレビドラマの朝田役には、坂口憲二さんが扮するようですね。原作での野性味のあるキャラクターは、彼にピッタリ。はまり役になりそうな予感です。

 中古漫画は古本市場が安いですよ。1~9巻のセットでも売ってます。

 しっかり読んで読後の感想もブログに書いて、弟に返す準備して部屋に置いておいたら、弟がやってきました。で、返そうとすると、
 
 「いいや、置いといていいよ。全部売ってくれても構わないんだけど。」

 「えー、何でぇ、面白いじゃん、この漫画。続き楽しみだし。」

 「いや、連載していた週刊誌が廃刊になって、新しく連載始めた週刊誌でも間があいちゃったせいで面白くなくなって休載になってるのよ。」

 はい、このブログの読者の皆さん、この事実を知らなかったらご免なさい!ライブドアが元の株価に戻るのと同じくらい、続き読める可能性は薄いんだって!先に言ってくれよぉ。真面目に紹介した自分はピエロですか…。

はじめの一歩65巻セット
icon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。