四方八方 ~旅行と子猫日記~

興味の向くままあれこれと記録した日記。史跡巡りを中心に旅行情報を主に掲載。天井裏に迷い込んだ子猫の日記も更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 姫路市の北方に書写山という山があります(周辺地図)。


書写山

書写山遠景


 この山上一帯に圓教寺というお寺があります。


 平安時代、康保3年(966)に性空上人が開いた名刹で、和泉式部や一遍上人も訪れ、武蔵坊弁慶もここで修行(大暴れ?)したと伝えられる由緒あるお寺です。


 戦国時代には、織田信長の中国方面司令官として、羽柴秀吉が本陣を置いたことでも知られています。


 映画「ラストサムライ」やNHK大河ドラマ「武蔵」のロケ地としても使用されました。


 山上にはロープウェーを使って上がります。


 麓から徒歩で登っていってもいいですが、山上まで上がって尾根伝いに散策した方が、当然楽です。


 山上では圓教寺まで有料シャトルバスが走っています。


 出来たら歩いた方がいいですが、身体が不自由な方、歩き回るのが面倒臭いって方は利用するといいでしょう。


書写山


 山上の道からは、姫路市街が一望できます。


 正面の山の稜線上、やや左に姫路城の巨大な陰がうっすらと見えます。


仁王門


 道を歩いていくと、この仁王門が見えて来ます。


 江戸時代のもので、日本の伝統的な門の形を受け継いだ三間一戸の八脚門です。


 天井は前後に2つの棟を造り、外の屋根と合わせて「三つ棟造り」という構造になっているそうです。


 ここより先は聖域とされています。


 管理人のどす黒い心も浄めてもらいましょう。


 その前に入れるのか?


 大丈夫!


弁慶のお手玉石


 仁王門を越えて進むと、下りの坂があって伽藍が建ち並ぶ区域に至ります。


 これは下りの坂を降りた傍らにある護法石です。


 昔、この石の上に乙天、若天の二人の童子が降り立ち、寺を護ったという言い伝えがあります。


 別名、弁慶のお手玉石と呼ばれ、弁慶はこの石をお手玉代わりにしたという伝説があるそうです。


 チェ・ホンマン選手くらいなら可能でしょうかね(無理だと思う)。


本堂


 弁慶のお手玉石の側から、道の進行方向、正面に見えるのが摩尼殿(まにでん)、別名、如意輪堂です。


 天禄元年(970)に創建されたそうです。


 昔、この地に桜の木があり、天人が舞い降りて、その桜の木に向かって礼拝して言った言葉「如意輪」を性空上人が聞いて、如意輪観世音を木に記したそうです。


 それが御本尊となって、その上に本堂を建てました。


 そのため、背後の岩山に寄りかかる「掛け造り」となったそうです。


 惜しくも大正末期に失火。昭和8年に再建され、現在に至っています。


大講堂


 こちらは大講堂。


 圓教寺の本堂にあたり、お経の講義や論議が行われていました。


 寛和2年(968)に花山法皇の勅願により創建され、その時に圓教寺(えんきょうじ)の寺号を賜ったそうです。


 和様、唐様を合わせた折衷様式の建物です。


 その奥、左側に見えるのが食堂(じきどう)です。


食堂


 承安4年(1174)、後白河法皇の勅願により創建されました。


 僧達が勉学や起臥寝食に用いた寮で、長さは約45メートルあり別名「長堂」とも呼ばれています。


 中は資料館となっていて、古い書物や仏像、弁慶が使ったといわれる机が展示されています。


舞台


 大講堂の向かいに立つのが、この常行堂です。


 ご覧の通り見事な舞台があり、催物も行われるそうです。


弁慶鏡井戸


 大講堂と食堂の間にあるのが、この弁慶鏡井戸です。


 幼少時、弁慶はこの寺で修行したと言われています。


 そのとき、昼寝をしていた弁慶の顔に、喧嘩好きの信濃坊戒円(しなのぼうかいえん)という荒法師がいたずら書きをしました。


 そして小法師2、30人で弁慶を囲み、大声をあげて笑いました。


 弁慶は目を覚ましたましたが、なぜ笑われているのか見当がつきません。


 そこで、この井戸に自分の姿を映し、いたずらを察知し激怒しました。


 この時の喧嘩がもとで、山内の建物が消失したと伝えられています。


開山堂



 食堂の裏に続く道を歩いていくと、開山堂(奥の院)に着きます。


 開山、性空上人の御真骨を収めた等身大の木像が安置されています。


 寛弘4年(1007)、性空上人の死後、高弟の延照が創建しました。


 弘安9年(1286)消失。


 このとき性空上人の木像も焼けたと思われ、別に木像を造ったそうですが、近年、寺内の蔵から難を逃れた本来の木像が発見されたそうです。


 現在の建物は、江戸時代の寛文11年(1671)に造り替えられたものです。


開山堂屋根の力士


 屋根の隅には、左甚五郎作と伝わる力士像が組み込まれています。


 しかし、北西隅だけはこの力士像が無く、重さに耐えられずに逃げ出したと伝えられているそうです。


 面白い話ですね。


 逃げ出した力士には非常に親近感を感じてしまいます(笑)。


 開山堂の左に見える建物は護法堂拝殿で、弁慶の学問所と呼ばれているそうです。


 弁慶は鬼若丸と呼ばれた幼少時代、7歳から11年間をこの寺で過ごしたと伝えられています。


護法堂



 護法堂拝殿の正面、開山堂の右手にあるのが護法堂です。


 このように拝殿と本殿が離れて建つのは、珍しい造りだそうですよ。


 向かって右が乙天社、左が若天社です。


 乙天、若天はそれぞれ不動明王、毘沙門天の化身とされ、開山、性空上人が康保3年(966)にこの山で修行中、傍らに仕え修行を助けたとされています。


 上人の死後は、この山の守護神として祀られることとなりました。


 建物は室町末期の造りだそうです。







 書写山一帯は自然の宝庫で、散策するととても気持ちいいです。


 ラストサムライを見て武士道に目覚めた人、トム・クルーズが大好きな人、是非訪れておきましょう。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

旅行・子猫日記他、四方八方 TOP に戻る~

温泉宿予約は「楽天トラベル」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://appius.blog51.fc2.com/tb.php/577-3b8297f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
風水と明王の記事を追加いたしました。ご参考になれば幸いです。
2007/02/21(水) 19:47:16 | 風水日記-金運・幸運・大開運
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。